ふるさとの山に向かいていふことなし古里の山はありがたきかな本文へジャンプ
つまご屋のさくらんぼ
佐藤錦、南部町便り
佐藤錦、安美錦、
さくらんぼ
青森県南部町はつまご屋の田んぼからタニシを獲った
私がコレステロールを管理するわけ
古里の南部町と馬淵川と名久井岳そして達者村
わらで縄をなう
うまいまるごと普代海産祭り
師走る人々
めがね的愚考生活
南部町のえんぶり
阿房宮(食用菊)
の里・南部町
不思議な謎にセマル、目からうろこの物語
食べ物の記憶
湊朝市
あのなっす・さろん
ヤギのちっち
ジャガイモの味と夏休みカッパになる
西女
南部町のいいところ
芸術のことはよくわからない
えんぶりの神様
想い石
八戸、湊朝市、
津波の恐ろしさ
味噌は手前味噌
昔、むかしの豆しとぎ
佐々木ラジヲン
六月のヘリコプター
爆発するルネッサンスとお祭り
さげじょの夜
十二支のオトシ子
旅はみちずれ、または股ずれ世は情け、踊る阿呆
旅の函館、かからん
ケツ(房総編2)
支えられて人になる
(房総編3)
絆をつなぐ(房総完結編)
ふるさと南部町りんごのかまり
八戸湊朝市ぶらぶら武士
かえるの漂着、木枯らし吹く秋の終わりの旅人よ
男蝉、女蝉
えんぶり考
盆にはぞうりがいい
稲穂を拾う人
郵便配達人
母の靴下
蕎麦とネギと国道
104号線

南部弁講座  けがじ   凶作    使用例    海のほうがら、やませ吹いで今年あ、けがじだじゃ

べご(牛)とだだ(父)とワ(私)と


べご(牛)とだだ(父)とワ(私)と


 ベゴ(牛)とだだ(父)とワ(私)と

春の小川は陽の光を浴びてキラキラ輝き、田植えも終わりベゴ(牛)や馬や

人々は日々の疲れを癒す。そんなある晴れた日の午後、だだ(父)は、ベゴ(牛)とワ(私)

を連れ近くの小川へ牛の身体を洗いに行く。

 

  べご、なんぼが気持ちいいだべが。だだ(父)がら体洗ってもらってなんぼが気持ちいいだべが。

    べご、想う。いつもこんなに優しくしてもらっていいんだべが、

        だだ、にこっと笑う。

    わ、にこっと笑う。