本文へジャンプ
ふるさとの山に向かいていふことなし古里の山はありがたきかな



       トップ

つまご屋のさくらんぼ
佐藤錦、南部町便り
佐藤錦、安美錦、
さくらんぼ
青森県南部町はつまご屋の
田んぼからタニシを獲った
私がコレステロールを
管理するわけ
古里の南部町と馬淵川と
名久井岳そして達者村
わらで縄をなう
うまいまるごと普代海産祭り
師走る人々
めがね的愚考生活
南部町のえんぶり
青森県八戸の湊朝市
阿房宮(食用菊)
の里・南部町
不思議な謎にセマル、目からうろこの物語
食べ物の記憶
やぎのちっち
あのなっす・さろん
西女
ジャガイモの味と夏休みカッパになる
南部町のいいところ
芸術のことはよくわからない
正しい初夢の見方・白蛇の存在
正月
えんぶりの神様
ベゴ(牛)とだだ(父)とワ(私)と
想い石
八戸、湊朝市、
津波の恐ろしさ
味噌は手前味噌
昔、むかしの豆しとぎ
佐々木ラジヲン
六月のヘリコプター
爆発するルネッサンスとお祭り
さげじょの夜
十二支のオトシ子
旅はみちずれ、または股ずれ世は情け、踊る阿呆
旅の函館、かからん
ケツ(房総編2)
支えられて人になる
(房総編3)
絆をつなぐ(房総完結編)
ふるさと南部町りんごのかまり
八戸湊朝市ぶらぶら武士
かえるの漂着、木枯らし吹く秋の終わりの旅人よ
男蝉、女蝉
えんぶり考
稲穂を拾う人
郵便配達人
母の靴下
蕎麦とネギと国道
104号線


青森県南部町の田んぼでたにしを獲った



 この瞬間つまご屋は子供に帰るのです。

 目は生き生きとしズボンのスソをまくり上げ長靴を

  脱ぎ田んぼの中へ入っていく、午後の日差しを浴びながら

 田の中はナマヌルク足はその感触を敏感

  に感じとっている。あの時の麦わら帽子をかぶり悪がき数人で

  田の中で泥んこになりながら遊んだ ことを思い出した。


 つまご屋の田んぼにはタニシが生息しているのです。

よく観察してみるとゲンゴロウ、ヤゴ、カエル

   などが見られる、農薬をできるだけ押さえた成果が今現れている。



 タニシを獲りながら思い出すのは母の言ったこと、

 母は戦争に父を送り出しその無事を祈り

  ながら元気にいるようにと慰問袋にタニシを入れて遥か遠い

 中国大陸の父の元へ送った

  とのこと、当時食べるものもなく、あるのは田んぼに行くとタニシが

 いっぱいこれを佃煮にしたそうです。

 遥か地へ行った父は送られたタニシを戦友に分け

 与えながらも生き延び帰ってきたということを

  父から聞いた、戦後生まれの私はタニシを食い命をもらった父の子

 でありタニシの子であるかもしれない。

青森県南部町長谷(はせ)ぼたん園




  130種、8000本もこの園に植えてあるそうです。

  これは驚きだ、種類が130種、このボタンを

  甘くみないでほしい。あ、すみません、誰も甘くみてませんよね。

  ぼたんボタンぼたんと

   棚からボタ餅が落ちてくるほどの見渡すかぎりのぼたん、

  今が見ごろです。