本文へジャンプつまご屋のドキュメントやらつぶやきなど・・・
南部弁講座 ちっち オッパイのこと、あるいは乳  使用例  あちっち、あっちっち恋のやけどをするんでないよ?
つまご屋のさくらんぼ
佐藤錦、南部町便り
佐藤錦、安美錦、
さくらんぼ
青森県南部町はつまご屋の田んぼからタニシを獲った
私がコレステロールを管理するわけ
古里の南部町と馬淵川と名久井岳そして達者村
わらで縄をなう
うまいまるごと普代海産祭り
師走る人々
めがね的愚考生活
南部町のえんぶり
阿房宮(食用菊)
の里・南部町
不思議な謎にセマル、目からうろこの物語
食べ物の記憶
湊朝市
あのなっす・さろん
西女
ジャガイモの味と夏休みカッパになる
南部町のいいところ
芸術のことはよくわからない
正しい初夢の見方・白蛇の存在
正月
えんぶりの神様
ベゴ(牛)とだだ(父)とワ
(私
)と
想い石
八戸、湊朝市、
津波の恐ろしさ
味噌は手前味噌
昔、むかしの豆しとぎ
佐々木ラジヲン
六月のヘリコプター
爆発するルネッサンスとお祭り
さげじょの夜
十二支のオトシ子
旅はみちずれ、または股ずれ世は情け、踊る阿呆
旅の函館、かからん
ケツ(房総編2)
支えられて人になる
(房総編3)
絆をつなぐ(房総完結編)
ふるさと南部町りんごのかまり
八戸湊朝市ぶらぶら武士
かえるの漂着、木枯らし吹く秋の終わりの旅人よ
男蝉、女蝉
えんぶり考
盆にはぞうりがいい
稲穂を拾う人
郵便配達人
母の靴下
蕎麦とネギと国道
104号線


広い世界の中で笑う犬もいれば
ピアノを弾く猫もいるという
 最近、動物が、おりこうさん
になったきがします。

しかし、犬は犬らしく猫は猫らしく
ヤギはヤギらしくあって
ほしいと思います。

キリスト的ヤギ


ヤギのちっち




「迷える子羊たちよ私のもとへ、人は皆神の子、平等でなければならない」と思想をもった
キリスト的ヤギは世界で何頭いるだろうか?
ヤギのちっち(乳)で育ち幼い子供に飲ませ成長を助けヤギの本分を全うし
自分は人間のため、一生懸命がんばってちっちを出しているのだという自負心を抱き
貧乏な家族を助けるヤギである。(そんな奇特なヤギはいるわけない)

だいたいそんなヤギを飼った日にはヤギ様、きょうもごきげんうるわしゆう
ございます。それではちっちを搾らせていただきます。
なんてことをいい,機嫌をとらなければならないからめんどうだ。
 悟りを開いたヤギはごめんである。

普通のヤギの話

ヤギは家の周りでよく放し飼いにしておいて、わざわざ放牧につれていかなくても
 家の周りの雑草を食ってくれたからそれはもう草取りをしなくてすむから
大助かりでちっちは出すし一石二鳥、このヤギ、親戚の女の子が遊びに
きてヤギを見るのも珍しく、ヤギさんこちら、手のなるほうへと歌い近寄ったら
ヤギが女の子めがけて突進し頭づきをくらわす事件。また家の草だけではヤギは
 飽きてしまい栄養化の高い草を求め家から2分くらいのところに線路があり
うまそうな草がいっぱいありヤギも喜び食べ始める。やがて汽車が汽笛を鳴らし
ゆっくり走り近寄ってくる・・・・こういう時はやはり怖くなる、ヤギは怖くないらしい、
ヤギを置いて逃げました。
こんな恐怖の体験はちいさな子供には残酷である。逃げる、走る、、、ヤギは怖くないらしい。

ヤギのちっちは朝飲んだ。記憶に残っているのは朝一番の絞りたて冷蔵庫が無いもんだから
保存がきかなく悪くなりやすいからだと思う。
鍋にヤギのちっちを入れ煮るとまもなく表面にうすい膜ができる。それを食べるのが
好きだった。
 なにはなくとも丈夫な身体のみなもとを与えてくれたのはヤギのちっちだった。