本文へジャンプつまご屋のドキュメントやらつぶやきなど・・・
つまご屋のさくらんぼ
佐藤錦、南部町便り
佐藤錦、安美錦、
さくらんぼ
青森県南部町はつまご屋の田んぼからタニシを獲った
私がコレステロールを管理するわけ
古里の南部町と馬淵川と名久井岳そして達者村
わらで縄をなう
うまいまるごと普代海産祭り
師走る人々
めがね的愚考生活
南部町のえんぶり
阿房宮(食用菊)
の里・南部町
不思議な謎にセマル、目からうろこの物語
食べ物の記憶
湊朝市
あのなっす・さろん
ヤギのちっち
ジャガイモの味と夏休みカッパになる
西女
南部町のいいところ
芸術のことはよくわからない
えんぶりの神様
昔、むかしの豆しとぎ
ベゴ(牛)とだだ(父)とワ
(私
)と
想い石
味噌は手前味噌
佐々木ラジヲン
六月のヘリコプター
爆発するルネッサンスとお祭り
正月
正しい初夢の見方、白蛇の存在
さげじょの夜
十二支のオトシ子
旅はみちずれ、または股ずれ世は情け、踊る阿呆
旅の函館、かからん
ケツ(房総編2)
支えられて人になる
(房総編3)
絆をつなぐ(房総完結編)
ふるさと南部町りんごのかまり
八戸湊朝市ぶらぶら武士
かえるの漂着、木枯らし吹く秋の終わりの旅人よ
男蝉、女蝉
えんぶり考
盆にはぞうりがいい
稲穂を拾う人
郵便配達人
母の靴下
蕎麦とネギと国道
104号線
猿ノ助、四日も留守すると死んでしまうねん がんばれ、おーい、バス停めて

旅の函館、かからんケツ(房総編2)


 旅といいますと小学校の修学旅行を思い出します。

函館への旅行は一週間も前からドキドキワクワクの日々が続き

青函連絡船とはどんな船だろう。アオカン連絡船?

イルカいるかイナイカどうかな?なんて誰かが笑いをとる。

小遣い銭いくら持ってたらいいのかなどなど。

そんな子供の楽しみをよそに引率の先生の苦労は大変だったと思います。

 ワ、ワ、ワ、小便もらしてら。

 こら、よその生徒に石投げるんじゃない。

 酒飲むな早く寝ろ、ほんとにお前らときたらがそのまんま大人になり

アホになりそして房総半島への旅になります。



みんな、バス乗ったか?留おるか?おー、一番うしろの席ふんどる

せな大丈夫や、ほな運転手さん出してもらいまひょか。

 ぶるん・ぶるん・ががーががー、ひょう〜一発でかかりまんねん、すごいわ。

  社長はん、普通一発でかかります。かからんのは会社の車です。

 アハハハ、


   かからんケツはかかあのケツ、よう憶えておき



とごまかす社長である。

        が、清やんはくいさがる。

社長はん、かからんケツはかかあのケツてな〜に?どうゆうこと?

え?ワシそんなんことゆうたか?清やん

 確かにゆうたで、バスみたいにぶるん・ぶるんかかる、かかあのケツとかからんケツ

あるのでしょうか?

そや、清やん、あるのです。ライオンや虎の狩はメスの仕事つまり狩は

かかあの仕事、ぶるん、ぶるん走って相手捕まえるやろ。

かからんライオンや虎は人生を終えたかかあのことや。

 そうか、そおゆうことか、なるほど、頭ええのお、社長はん。

ところでライオンや虎はケツで狩しますの?

え?何?だからライオンや虎はケツで狩しますか?て

そんなライオンや虎いたらオモロいで

いや、たぶんない思う、ケツで狩するライオンや虎見てみたい。。。。


そや、社長はん、かかるんケツやかからんケツてスカンクのこと違いまんのん?

スカンクはケツから屁かけて相手、狂おしゅうするやろ、きっとそうや。

 清やん、偉い、よう言ってくれたスカンクのことや。かかるんケツはスカンクのことや。

かからんケツはガス欠や。

二人は妙に納得し晴れ晴れとした顔つきで笑いあうのであった。

 

誰ぞランドセルしょって頭から湯気だしてバスと追っかけっこしとる奴

おるホレ頑張れ、えろ〜速え、バス負けんなアハハハハ・・・ 
 

    

ん?バス停めて、バス停めて



 秀、どうしたん?バスと競争して、ズボンずり落ちとるぞ

ハア、ハア、ゼイ、ゼイ

コラ、喜、はようバスとめんかい。止めんゆうても秀がなあ、バスと一生懸命

にな走っとる姿見るとな、バスはえ〜か秀が勝つか応援しとうなるねん。

 応援いらん、水飲みたいゴクゴク、ん?誰だ水に焼酎入れたやつはゲホゲホゲホ


酒のみたいやつは飲め、トランプやろうがかまわん、寝たいやつは寝れ

 ん?武のところにおる風呂敷包みモコモコ動いてるん、何?

風呂敷から赤い花びらひらひらしとるワッ、トサカ出た、頭出た、羽出た、足出た


 社長さん、許して、猿ノ助な、4日も留守すると死んでしまうんねん、な

許して、お願いします。うちの猿ノ助,卵ぎょうさん産します。

みんなで食べまひょ。

 しや〜ないなあ、ほんとに。びっくりしたあ〜牛とか馬乗ってないやろな〜

猿ノ助

      

ワー、ワー、知らん じいちゃん、ばあちゃん乗っとはる




 社長はん、落ち着いて、な、留の話聞いて、これ留の責任や


この人、じいちゃん、ばあちゃんは良太んとこのじいちゃん、ばあちゃんです。

良太、房総半島の旅いかれへんいうねん、なぜか問うと両親の面倒みあかん

言うねん、そのことみんなに話すとな、じゃ、じいちゃん、ばあちゃんも

 房総半島連れていこうやないかい。皆で面倒みたらいいやないかい

したら良太も房総半島いけるゆうねん。で、みんなで良太ん家へ行って

じいちゃん、ばあちゃん担いできたんです。


 鶏、許しついでに良太んとこのじいちゃん、ばあちゃんも一緒

に房総半島つれてってお願いします。


 留、え〜話やないかい、ワシ、心の優しい社員たち持って幸せもんじゃ。

と、じいちゃん、ばあちゃんの所いき

じいちゃん、ばあちゃん飲も、飲もと世話する社長はんであった。


 次回へつづく



   










                      旅の宿